県内ニュース

県勢発展、尽力誓い合う 新人県議10人が座談会

2019年04月08日 21:47
初当選した10氏は県勢発展に力を尽くしていくことを誓い合った=山形市・山形メディアタワー
 県議選で初当選した10氏を招き、山形新聞と山形放送は8日、山形市の山形メディアタワーで「新人県議座談会」を開催した。各氏は人口減少や地方創生などに対する思いを語り、県勢発展に力を尽くすことを誓い合った。

 出席したのは酒田市・飽海郡区の梶原宗明(自民)阿部ひとみ(無所属)、鶴岡市区の高橋淳(同)今野美奈子(同)、村山市区の菊池大二郎(同)、山形市区の遠藤和典(自民)原田和広(立憲民主)、上山市区の遠藤寛明(自民)、長井市・西置賜郡区の五十嵐智洋(同)、米沢市区の相田光照(同)の各氏。

 主催者を代表し、寒河江浩二山形新聞社長(山形新聞グループ経営会議議長)があいさつし「高速交通網やフル規格新幹線、空港の滑走路延長などの整備が大きな課題になる一方、選挙戦では身近な課題を解決してほしいという切実な願いも感じたのではないか」とし、「有権者の思いを大事にし、県民目線で取り組んでいただきたい」と述べた。

 新県議は「酒田港との相乗効果が期待できる国道47号の高規格道路整備が必要だ」「各地域の魅力を生かし、体験型観光に取り組みたい」「結婚支援に向け、異業種間の交流を促進するべきだ」などと提言。インフラ整備をはじめ、教育福祉、女性活躍、防災など多角的な視点で地域振興を進める決意を披露した。

 本間和夫山形放送社長が「地域の課題を捉え、県として解決していきたいという話が多く、力強く感じた。皆さんの力で山形を変えてほしい」と総括した。山形新聞から他に青塚晃編集局長、山形放送からは伊藤清隆取締役報道制作局長が出席した。

初当選した10氏を招き、開催した「新人県議座談会」=山形市・山形メディアタワー

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から