県内ニュース

県内4小学校皮切りに「夢クラス」 モンテ選手と児童が交流

2019年05月10日 10:54
児童とハイタッチで交流する大友竜輔選手(右)と高橋壱晟選手=酒田市亀ケ崎小
 サッカーJ2・モンテディオ山形の選手と子どもたちが触れ合う本年度の「夢クラス」が9日、県内4小学校を皮切りにスタートした。山形、酒田、村山の3市の児童が、現在2位と好調をキープしているモンテの選手たちとゲームや夢の発表を通して交流した。

 酒田市亀ケ崎小にはMF高橋壱晟選手とGK大友竜輔選手が訪れた。6年生76人のうち児童代表が薬剤師や美容師など将来の夢を披露。高橋選手は「プロサッカー選手になるために誰よりも練習し、強くなりたいとずっと考えてきた」、大友選手は「夢に向かって今を頑張ることの積み重ねが成長につながる」と語り掛けた。PK対決でも盛り上がり、同小サッカースポ少主将の高橋杏生(こお)君(11)は「努力して2人のようなプロサッカー選手になりたい」と話した。

岡崎建哉選手(左)と阪野豊史選手がパスなどを通して児童と交流した=村山市楯岡小
 村山市楯岡小にはFW阪野豊史選手とMF岡崎建哉選手が訪問し、6年生91人とパス体験などで触れ合った。続いて児童一人一人が「離島の医師」「チアリーダー」「看護師」などと夢を紹介し、両選手は「人に負けないものを持とう」「苦しいときに乗り越える力が大事」とアドバイス。夢はサッカー選手という菅惺哉(せいや)君(11)は「諦めないことの大切さが分かった。練習を頑張りたい」と話した。

 夢クラスは日新製薬(天童市)が協賛し、対象の児童にホーム戦招待券とオリジナル定規が贈られた。30日までに小中学校計16校で行う。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から