最古級の青銅器鋳型が出土、佐賀 吉野ケ里遺跡「謎のエリア」

12/4 17:06
 吉野ケ里遺跡から見つかった、蛇紋岩(左)や石英斑岩(中央)でできた鋳型、右は取瓶か「るつぼ」とみられる土器=4日午後、佐賀市

 佐賀県は4日、これまで手付かずだった吉野ケ里遺跡(吉野ケ里町、神埼市)の「謎のエリア」と呼ばれる日吉神社跡での発掘調査で、今年4月の石棺墓に続き、9〜10月に国内最古級とみられる弥生時代中期の蛇紋岩でできた青銅器鋳造用の鋳型など3点が見つかったと発表した。

 「(遺跡の)構造の特徴や変遷を解明する上で、極めて大きな発見」と評した。

 県によると、9月6日〜10月9日に蛇紋岩や石英斑岩で作られた鋳型、溶かした金属を入れる取瓶か「るつぼ」とみられる土器の3点が出土した。蛇紋岩の鋳型は片面が銅剣用で、反対側は銅矛用になっていた。石英斑岩の鋳型は、銅剣用か銅矛用の可能性がある。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 吉野ケ里遺跡から見つかった、蛇紋岩(左)や石英斑岩(中央)でできた鋳型、右は取瓶か「るつぼ」とみられる土器=4日午後、佐賀市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]