エネオス会長に大田氏 不適切行為の杉森氏後任

10/7 15:20

 石油元売り最大手ENEOS(エネオス)ホールディングスは7日、大田勝幸副会長(64)が代表権のない会長に就く人事を発表した。就任は8日付。前任の杉森務氏は女性への不適切行為により、会長グループ最高経営責任者(CEO)の職を今年8月に急きょ辞任し、会長職が空席になっていた。

 エネオスは大田氏就任の理由について「新たな経営体制のもとで企業価値の向上を図るため」としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]