海水浴幕開け、久々に解放感 猛暑の週末、コロナ警戒も

7/2 11:29
 海開き後初の週末を迎えた神奈川県逗子市の逗子海水浴場=2日午前

 猛烈な暑さが連日続く中、週末を迎えた各地の海水浴場は2日午前中から多くの人でにぎわった。新型コロナを警戒して2年連続で海開きを見送った海水浴場も多く、家族連れや若者らが周囲との密集を避けながら解放感に浸った。

 千葉県の片貝海水浴場は1日に3年ぶりの海開きをしたばかり。2日も日差しが強く、砂浜にはカラフルなテントやシートが並んだ。家族3人で来た30代の男性会社員は「仕事中はスーツとマスクだからすごい解放感だ」と満足そう。

 神奈川県の逗子海水浴場も2日午前からパラソルなどが立てられた。長野県から訪れた女性会社員は「子どもに久々の海を楽しませたい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 海開き後初の週末を迎えた神奈川県逗子市の逗子海水浴場=2日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]