TDS、新エリアの模型公開 「アナ雪」など表現、6月開業

2/27 11:46
 東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」の「アナと雪の女王」の世界観を表した施設の模型=27日午前、千葉県浦安市

 東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)の新エリア「ファンタジースプリングス」が6月6日の開業まで100日となり、運営会社のオリエンタルランドは27日、人気アニメ映画「アナと雪の女王」などの世界観を表した施設の模型を報道公開した。

 開発エリアは総面積が約14万平方m。「ピーター・パン」や「塔の上のラプンツェル」といったディズニー映画もイメージした。四つのアトラクションを用意し、新たなホテルやレストランも設ける。総投資額は約3200億円。

 模型は25分の1の大きさ。「アナと雪の女王」のゾーンでは、主人公らが暮らす城や、魔法の力で建てたという設定の「氷の宮殿」も造られる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」の「アナと雪の女王」の世界観を表した施設の模型=27日午前、千葉県浦安市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]