復興の決意照らす灯 地震で全壊、83歳書店主

2/28 06:46
 能登半島地震で全壊した「いろは書店」の前に立つ代表の八木久さん=17日、石川県珠洲市

 暗闇に包まれた商店街で、一つの看板だけが明るく照らし出されていた。石川県珠洲市の「いろは書店」代表の八木久さん(83)は、創業75年の店を切り盛りする中で被災した。「地域の文化を支える」店舗は全壊。灯を絶やしたくないと、能登半島地震発生翌日から看板を照らし続ける。込めたのは復興への決意だ。落ち込む間もなく前を向き、3月中の仮店舗での再開に奔走する。

 市役所近くにあり、地元では「いろはさん」の愛称で親しまれる。漫画や文庫本といった一般書籍に加え、高校生への教科書販売も担う地域のインフラ的存在だった。

 八木さんは元々、書店を継ぎたかったわけではない。就職も決まっていた。大学卒業直前の1962年に母を亡くし、父から「手伝って」と頼まれた。一念発起し、東京で書店主の集会に参加して腕を磨いていった。

 「売れる本を売るのも大事だけど、売れなくても良書を並べることが本屋の使命だ」。店内には経営書や学術書など気に入った本を並べてきた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 能登半島地震で全壊した「いろは書店」の前に立つ代表の八木久さん=17日、石川県珠洲市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]