故英女王、死の直前「後悔ない」 12月に出版の伝記で

11/27 10:22
 6月、在位70年を祝う行事でバッキンガム宮殿のバルコニーに立つエリザベス英女王=ロンドン(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】9月8日に96歳で死去したエリザベス英女王が、亡くなる直前に「後悔はない」と語っていたと、王室と親交のある作家ジャイルズ・ブランドレス氏が12月に出版する伝記で明らかにした。「女王は残された時間が限られていると分かっていて、それを受け入れていた」という。デーリー・メール紙電子版が26日までに報じた。

 女王は滞在先の英スコットランドにあるバルモラル城で息を引き取った。同紙が掲載した伝記の抜粋によると、女王は亡くなる直前の週末に英国教会の聖職者と過ごした。聖職者は「信仰は彼女にとって全てだった。後悔はないと話していた」と明らかにしたという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 6月、在位70年を祝う行事でバッキンガム宮殿のバルコニーに立つエリザベス英女王=ロンドン(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]