日米豪印、違法漁業監視へ 首脳、開かれた太平洋実現で協力

5/24 11:35
 「クアッド」首脳会合であいさつする岸田首相(中央)。左はバイデン米大統領=24日午前、首相官邸

 日本、米国、オーストラリア、インドは24日午前、4カ国の協力枠組み「クアッド」の首脳会合を首相官邸で開いた。経済、軍事両面で影響力を増す中国の動向を念頭に連携策を協議。「自由で開かれたインド太平洋」実現へ協力を申し合わせ、この地域での違法漁業監視のため情報共有する仕組みを立ち上げる見通しだ。ロシアが侵攻したウクライナを巡る懸念を共有し、全ての国の主権と領土の一体性の尊重を確認する。共同声明を取りまとめる方向だ。

 4首脳は、質の高いインフラ整備や宇宙、サイバーなど幅広い分野での協力拡大について意見交換する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 「クアッド」首脳会合であいさつする岸田首相(中央)。左はバイデン米大統領=24日午前、首相官邸
 「クアッド」首脳会合前に記念写真に納まる(左から)オーストラリアのアルバニージー首相、バイデン米大統領、岸田首相、インドのモディ首相=24日午前、首相官邸
 首相官邸
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]