首相、防衛力強化へ予算確保 立民、増額ありきけん制

5/25 19:02
 開かれた衆院本会議=25日午後

 岸田文雄首相は25日の衆参両院の本会議で、日本の厳しい安全保障環境を踏まえ、防衛力の抜本的強化に向けて「裏付けとなる予算をしっかり確保する」と強調した。立憲民主党は増額ありきの議論となり、国民生活を圧迫しかねないと強くけん制。審議入りした2022年度補正予算案について「遅い、小さい、中身がない」と対決姿勢を鮮明にした。夏の参院選をにらんだ与野党攻防が本格化した。

 防衛費を巡り、首相は、日米首脳会談で「相当な増額」への決意を伝達。防衛費増は「国際公約」となった形だ。立民は、財源の裏付けなく増やしていけば「総合的な国力の低下を招きかねない」と訴えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 開かれた衆院本会議=25日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]