厚労相、政府サイトの誤記認める 「正確性担保」に防止機能新設へ

12/5 11:54
 記者会見する武見厚労相=5日午前、国会

 政府運営サイト「女性の活躍推進企業データベース」で多数の誤記が見つかった問題を巡り、武見敬三厚生労働相は5日の閣議後記者会見で「誤記がみられるのは事実だ」と認めた。今後、機能を改修するなどして「掲載情報の正確性が担保できるように取り組む」と述べた。

 データベースには企業が管理職に占める女性の比率を計算し、手入力する。共同通信が企業が入力した数字を基に計算したところ、企業側が申告した比率とかけ離れた事例が500件余りあった。

 武見氏は「企業の入力ミスが原因と考える」と指摘。掲載時の目視確認の強化や、誤入力を防止する機能を新たに設けると説明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する武見厚労相=5日午前、国会
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]