政務官2人、95万円不記載 自民党本部や派閥から寄付

12/5 17:36

 自民党の松本尚防衛政務官と小鑓隆史国土交通政務官が代表を務める二つの政党支部が、2022年に党本部や所属派閥から受けた寄付金や交付金の計約95万円を政治資金収支報告書に記載していなかったことが5日、分かった。両事務所は指摘に不記載を認め、1日付で訂正した。

 松本氏の「自民党千葉県第13選挙区支部」は、党本部から8月29日に20万円、清和政策研究会から12月14日に50万円を受けたが記載していなかった。

 小鑓氏の「自民党滋賀県参議院選挙区第2支部」は、党本部から支部交付金として8月12日に5万7200円、10月7日に20万円を受けたが、収入として収支報告書に記載していなかった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]