首相、24日能登被災地入り 2回目、輪島塗業者と対話

2/22 10:51

 林芳正官房長官は22日の記者会見で、岸田文雄首相が能登半島地震で甚大な被害を受けた石川県穴水町と輪島市を24日に訪問し、被災状況を視察すると発表した。穴水町の避難所で被災者と意見交換し、輪島市では伝統工芸「輪島塗」の事業者や漁業関係者らとの車座対話を予定。復興施策に反映させる。首相の被災地入りは1月14日以来、2回目。

 林氏は会見で「長引く避難生活を送っている被災者から直接話を伺い、農業や漁業、伝統産業の現場を訪れて被害を確認する」と説明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]