首相、4月に米南部訪問を検討 雇用創出、投資アピール

2/28 19:04

 岸田文雄首相は4月に予定する国賓待遇での訪米の際に、南部ノースカロライナ州を訪れる方向で検討していることが分かった。同州ではトヨタ自動車がEVなどに搭載する電池の生産工場の建設計画を進めており、雇用創出や投資による米国への貢献をアピールする狙いがあるとみられる。政府関係者が28日明らかにした。

 トランプ前大統領は在任時、対日貿易赤字を問題視した。今回の訪米では、トランプ氏が大統領選で勝利した場合に備え、先手を打つ形で日本の取り組みを示す目的もありそうだ。

 訪米は4月9〜14日を軸に調整。10日にバイデン大統領と首都ワシントンで会談するほか、米議会での演説も予定している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]