コロナ患者搬送に35時間 東京消防庁管内で最長

8/10 11:26
 東京消防庁

 東京消防庁は10日、新型コロナウイルスに感染した70代男性の搬送に救急要請から35時間47分かかる事案が今年の夏にあったと明らかにした。同庁管内のコロナ患者の搬送に要した時間としては最長という。搬送中、容体に大きな変化はなかったとしている。

 東京消防庁によると、男性は屋外を歩行中に転倒し、右の太ももを負傷。入院前に医療機関で行ったPCR検査で新型コロナ陽性と判定され、転院が必要として医療機関から救急要請があった。コロナの診察とけがの治療を同時に行える受け入れ先が見つからず、時間がかかったという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 東京消防庁
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]