復興拠点の避難解除が完了、福島 富岡の帰還困難区域で墓参自由に

11/30 11:08
 福島県富岡町の帰還困難区域の避難指示が解除され、ゲートを開放する警備員=30日午前9時

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県富岡町の帰還困難区域(小良ケ浜、深谷両地区)で、特定復興再生拠点区域(復興拠点)に指定された集会所や共同墓地など計6カ所と、そこにつながる計約7・2キロの道路は30日、避難指示が解除された。県内6町村に設定された復興拠点の避難解除はこれで完了。今回解除の道路や墓地は行き来が自由になるが、居住地は含まれておらず、まだ両地区では暮らせない。

 この日、解除時刻の午前9時になると、警備員が道路上のゲートを開き、通行止めの看板を撤去した。山本育男町長は取材に「大きな一歩だ」と述べる一方、両地区での居住再開に向けて「除染が復興の始まりなので、国の制度の中でできる限りのことをしたい」と強調した。

 富岡町の復興拠点は、夜の森地区を中心とした3・9平方キロが4月1日に解除され住民帰還が開始。町によると、11月1日時点で64世帯94人が暮らす。拠点外で、帰還困難区域として避難指示が続く両地区は町域の6・7%に当たる4・6平方キロで、219世帯523人が住民登録している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 福島県富岡町の帰還困難区域の避難指示が解除され、ゲートを開放する警備員=30日午前9時
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]