「原発3倍」20有志国が宣言 日本も参加、環境団体は反発

12/2 20:21
 COP28首脳級会合に合わせた「原発3倍拡大宣言」のイベントに出席した首脳や閣僚ら=2日、ドバイ(AP=共同)

 【ドバイ共同】米国や日本など約20の有志国が、世界の原発の発電能力を2050年までに3倍に増やすとの宣言をまとめたことが2日、分かった。気候変動対策の一環としており、国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)首脳級会合に合わせて打ち出した。環境団体は「誤った対策だ」と批判している。

 宣言は、気候変動対策に「原子力は重要な役割を果たす」と明記。発電能力を20年と比べ50年までに3倍にするため、参加国が協力するとした。

 日本政府は、原発の60年超運転を可能にするなど原発利用を推進している。現行計画で30年度の電源構成は20〜22%を見込む。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 COP28首脳級会合に合わせた「原発3倍拡大宣言」のイベントに出席した首脳や閣僚ら=2日、ドバイ(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]