関電、福井の乾式貯蔵「合理的」 県専門委、安全性審議で総括

2/27 13:39
 関西電力の乾式貯蔵施設について審議する福井県の原子力安全専門委員会=27日午前、福井県庁

 福井県原子力安全専門委員会は27日、原発の使用済み核燃料を保管する関西電力の乾式貯蔵施設について審議し、「安全性の考え方には合理性がある」と総括した。関電は高浜、大飯、美浜の3原発の構内に設置を計画している。審議では委員から地震時の安全性などについて質問が出た。

 原発事故が起きた場合、乾式貯蔵施設があると構内の移動経路に影響がないか問われると、関電は「事故対応時のルートは避けて設置する。電源を使用しない独立した施設なので、事故時に影響は出ないと考える」と説明した。

 委員長の鞍谷文保・福井大名誉教授は「まだ詳細が出ていないので、原子力規制委員会で厳格に確認する必要がある」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 関西電力の乾式貯蔵施設について審議する福井県の原子力安全専門委員会=27日午前、福井県庁
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]