高安が殊勲、阿炎が敢闘 豊昇龍は11勝目で技能賞

11/27 17:45
 三賞を受賞した3力士。(左から)殊勲賞の高安、敢闘賞の阿炎、技能賞の豊昇龍=福岡国際センター(代表撮影)

 大相撲九州場所千秋楽の27日、三賞選考委員会が開かれ、東前頭筆頭で12勝3敗の高安が4度目の殊勲賞を獲得した。三賞は2場所連続12度目で史上10位。現役1位になった。

 敢闘賞は12勝3敗で西前頭9枚目の阿炎が4度目の受賞。関脇豊昇龍は千秋楽に11勝目を挙げ、2度目の技能賞が決定。平幕で優勝争いを盛り上げた王鵬、2桁勝利の平戸海はともに千秋楽の勝利を条件に候補となったが落選した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 三賞を受賞した3力士。(左から)殊勲賞の高安、敢闘賞の阿炎、技能賞の豊昇龍=福岡国際センター(代表撮影)
 立ち合いで高安(右)を攻める阿炎。突き倒しで破り優勝決定戦に持ち込む=福岡国際センター
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]