タイトルホルダー引退へ 有馬記念がラストラン

12/6 14:39
 昨年の宝塚記念を制したタイトルホルダー=阪神競馬場

 日本中央競馬会(JRA)でG1・3勝を挙げているタイトルホルダー(5歳牡馬、栗田徹厩舎)が、24日のG1有馬記念を最後に引退することが決まった。6日、管理する栗田調教師が公表した。北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬になるとみられる。

 鮮やかに先行して勝ち切るのが持ち味のタイトルホルダーは、2020年にデビュー。21年に重賞初制覇を飾り、その年の菊花賞と22年の天皇賞・春、宝塚記念を制した。

 前走のジャパンカップは復調をうかがわせる5着。ラストランで4度目のビッグタイトル獲得を目指す。ここまで18戦7勝で、総獲得賞金は9億円を超えている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 昨年の宝塚記念を制したタイトルホルダー=阪神競馬場
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]