日本女子が決勝進出 世界卓球、5大会連続

2/23 22:02
 女子準決勝 香港戦の第1試合でポイントを奪い、ガッツポーズする張本美和=釜山(共同)

 【釜山共同】卓球の世界選手権団体戦第8日は23日、韓国の釜山で行われ、女子準決勝で日本は香港に3―0で勝ち、5大会連続で決勝に進んだ。24日に5連覇中の中国と顔を合わせる。

 第1試合は15歳の張本美和(木下グループ)が逆転勝ち。第2試合は早田ひな(日本生命)、第3試合は平野美宇(木下グループ)がストレート勝ちを収めた。

 今大会はシングルス5試合で3勝したチームが勝つ方式で争われる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 女子準決勝 香港戦の第1試合でポイントを奪い、ガッツポーズする張本美和=釜山(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]