八村17得点、チームは大逆転 NBA、渡辺は得点なし

2/29 15:13
 クリッパーズ戦に先発出場し、シュートを放つレーカーズの八村塁=ロサンゼルス(NBAE・ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAは28日、各地で行われ、レーカーズの八村塁はロサンゼルスでのクリッパーズ戦に先発出場して29分27秒プレーし、3試合連続2桁となる17得点、2リバウンドだった。チームは116―112で勝ち、32勝28敗となった。

 レーカーズは第4クオーター開始直後に21点差をつけられたが徐々に追い上げ、八村は106―106で迎えた残り3分10秒に勝ち越しの3点シュートを沈め、続けてレイアップシュートも決めて逆転勝利に貢献した。

 グリズリーズの渡辺雄太はティンバーウルブズ戦に途中出場し、7分24秒プレーして1リバウンド、2アシストで得点なし。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 クリッパーズ戦に先発出場し、シュートを放つレーカーズの八村塁=ロサンゼルス(NBAE・ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]