日韓局長協議、平行線 文大統領訪日は議論なく

6/21 22:48

 【ソウル共同】ソウルを訪問している外務省の船越健裕アジア大洋州局長は21日、韓国外務省の李相烈アジア太平洋局長と日韓関係について協議した。日韓外務省は、元従軍慰安婦や元徴用工などの歴史問題を巡って双方がそれぞれの立場に基づいて説明したと発表した。議論は平行線に終わった。

 東京五輪に合わせて文在寅大統領が訪日するとの観測も出ているが、日本外務省関係者によると、五輪に関する具体的な議論はなかったという。

 日韓外務省の発表などによると、日本側は歴史問題を巡り、韓国の適切な対応を要求。韓国側は日本が誠意を見せることが必要だと強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]