韓国政府が肩代わり案を検討 元徴用工への日本企業賠償金

10/22 19:26

 【ソウル共同】韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、解決策の一つとして韓国政府が賠償を肩代わりする案を検討していることが分かった。姜昌一駐日大使が22日までに国会答弁で明らかにした。ただ日本側の謝罪が条件になるとの見方も強く、実現するかどうかは見通せない。

 元徴用工訴訟では、敗訴が確定した日本企業の韓国内資産が差し押さえられ、売却に向けた手続きが進行中。売却されれば日本政府の報復措置は必至で、日韓関係の一層の悪化が懸念され、対策の検討が急務となっている。

 文在寅大統領は、資産売却は望ましくないとして外交解決を模索するが、進展は見られない。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]