国連、現職大使が当面留任 ミャンマーとアフガン

12/7 06:06

 【ニューヨーク共同】国連総会本会議は6日、国連大使の正統性が争われているミャンマーとアフガニスタンについて、誰を正式な大使と認めるかの判断を先送りするとした信任状委員会の報告書を、議場の総意により無投票で承認した。両国とも当面は現職が大使の座にとどまることが決まった。

 国軍によるクーデターが起きたミャンマーは、国軍が新大使を独自に指名。イスラム主義組織タリバンが暫定政権を樹立したアフガンも、タリバンが同様の方針を示したため、今月1日に信任状委が協議。その後、議長が委員会としての判断を留保すると述べていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]