政府、ウクライナの邦人退避検討 ロシアによる軍事行動の脅威続く

1/24 17:04
 外務省

 日本政府は24日、緊迫するウクライナ情勢を踏まえ、現地の大使館関係者を含む在留邦人の国外退避に関する検討に入った。ロシアによる軍事行動の脅威が続いているとして、在ウクライナ米大使館職員家族に退避を命じた米国の動きを受けた対応。

 外務省によると、ウクライナには大使館職員の家族ら約250人の邦人が在留している。幹部は24日、米国の退避方針に関連し「情勢が急激に変わっている。(日本も)そういう方向だ」と記者団に述べた。別の同省筋は「米国を含む各国の対応を見極める」と説明した。

 ウクライナ情勢を巡っては、同国の国境周辺にロシアが推定10万人の軍隊を展開している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 外務省
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]