中国人「沖縄行きたい!」 県が北京で魅力発信イベント

7/2 18:17
 北京で開かれたイベントで沖縄の伝統衣装を試着する女性=2日(共同)

 【北京共同】沖縄県は2日、北京の日本大使館で、県産品の紹介を通じ中国人に魅力を発信するイベントを開いた。新型コロナウイルスの影響で往来が制限される中、事前に応募した約130人の中国人参加者は「(沖縄に)行きたい!」と声を上げた。

 新型コロナ収束後の観光先として沖縄を選んでもらうのが狙い。沖縄料理や泡盛が振る舞われ、男子大学生(21)は「おいしい」と頬張った。三線の演奏も披露された。

 沖縄の伝統衣装を試着した銀行員劉雋さん(33)は「とても美しい。着心地も爽やか」と笑顔を見せ「北海道、東京にも行きたい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 北京で開かれたイベントで沖縄の伝統衣装を試着する女性=2日(共同)
 北京で開かれたイベントで中国人の参加者らに振る舞われた沖縄料理=2日(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]