ザポロジエ原発にロシアが再攻撃 使用済み核燃料施設近く

8/8 09:26
 4日、ウクライナ・ザポロジエ原発の近くで警戒に当たるロシア側兵士(ロイター=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムは7日、ロシアが占拠しているウクライナ南部ザポロジエ原発に6日、前日に続き再びロシアによる攻撃があり、使用済み核燃料の貯蔵施設近くにロケット弾が着弾したと発表した。職員1人が負傷したという。モニターが破壊されたため、周辺の放射線量に変化があるかどうかなどは直ちに検知できないとしている。

 インタファクス通信によると、ロシア側が一方的に設置した「軍民行政府」の関係者は7日、「ウクライナ軍が行った」と主張した。5日の攻撃についてもロシアとウクライナは相手側の攻撃だと非難し合っている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 4日、ウクライナ・ザポロジエ原発の近くで警戒に当たるロシア側兵士(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]