ヘイトクライムで白人親子終身刑 米南部の黒人射殺

8/9 06:39

 【ニューヨーク共同】米南部ジョージア州ブランズウィックで2020年2月、ジョギング中の黒人男性アマード・アーベリーさん=当時(25)=が射殺された事件で、同州南部の連邦地裁は8日、連邦法の憎悪犯罪(ヘイトクライム)などの罪に問われて有罪評決を受けていた白人の親子にそれぞれ終身刑の判決を言い渡した。米メディアが伝えた。

 事件は20年2月に発生。自宅近くをジョギングしていたアーベリーさんを、人種を理由に車で追い回して射殺した。警察は事件の様子を撮影した動画がインターネット上に拡散した後に3被告を逮捕した。人種差別的だと警察への批判が噴出し、抗議デモも起きた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]