ロシア軍、東部の激戦地で前進 英国防省分析、攻勢を強化

12/6 09:36
 ロシア軍のミサイル攻撃でできたクレーター=5日、ウクライナ南部ヘルソン州(ロイター=共同)

 【キーウ共同】英国防省は5日、ロシア軍がウクライナ東部ドネツク州の激戦地マリンカで前進し、市街地をほぼ制圧したとみられると分析した。ロシア軍は目標とする東部ドンバス地方(ドネツク、ルガンスク両州)の全制圧に向け、攻勢を強めている。

 英国防省によると、ウクライナ軍はマリンカの一部地域で勢力を維持しているという。マリンカはウクライナ東部で紛争が始まった2014年から最前線となっていた。

 ロシア軍はマリンカや同じドネツク州のアブデーフカで人海戦術を展開。2都市はロシア側が支配する州都ドネツクに近い。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ロシア軍のミサイル攻撃でできたクレーター=5日、ウクライナ南部ヘルソン州(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]