「ウクライナを放置しない」 バイデン氏、G7テレビ会議へ

2/24 05:46
 バイデン米大統領(ゲッティ=共同)

 バイデン米大統領は23日、ロシアが侵攻するウクライナを「放っておくわけにはいかない」と述べ、支援継続の重要性を訴えた。侵攻から2年となるのを前にホワイトハウスで演説し、24日の先進7カ国(G7)首脳とのテレビ会議に出席して対応を協議すると語った。

 米国がウクライナを見放すことをロシアのプーチン大統領は望んでいると指摘。ロシア軍の攻撃で「ウクライナの兵士や市民が命を落としている」と懸念を示し、米下院に対してウクライナ支援を含む緊急予算案を「承認しなければならない」と迫った。

 バイデン氏は23日の声明で「ウクライナは弾薬を使い果たしている」と訴えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 バイデン米大統領(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]