ヘンリー王子の訴え退ける 警護レベル引き下げ、英高等法院

2/28 23:14
 ヘンリー英王子(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英高等法院は28日、英王室の公務を引退して米国で暮らすヘンリー王子について、英国滞在中の公費による警護のレベルを下げた政府の判断は「不合理ではなく、手続き上の不公平もなかった」との判断を示した。王子は不服を申し立てていたが、主張は認められなかった。英メディアが報じた。

 チャールズ国王の次男ヘンリー王子は2020年、公務を引退し米国に移住。内務省は、王子と家族は引退後はこれまでと同じレベルの警護を受けることはできないと判断したが、王子側は裁判で争ってきた。

 警護費用を自己負担するとの提案が拒否されたことでも不服を申し立て、英高等法院は昨年、王子側の訴えを退けた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ヘンリー英王子(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]