バスケ、サッカーの全国大会へ選手激励 羽黒高

2021/12/15 11:57
選手たちが健闘を誓った激励会=鶴岡市・羽黒高

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)と、第100回全国高校サッカー選手権に出場する羽黒高(鶴岡市、加藤和司校長)の選手激励会が14日、同校で開かれた。男子バスケ、サッカー両部の選手が、今月末の初戦に向けて士気を高めた。

 関係者約100人が出席した。吹奏楽部の演奏後、NPO法人市体育協会の山本益生会長が「さらなる目標に向かって一致団結し、頑張ってきてほしい」とエールを送った。

 男子バスケ部は24日に浜松開誠館(静岡)と、サッカー部は29日に岡山学芸館(岡山)と戦う。バスケ部の2年加藤律輝主将(17)は「一戦一戦全力で戦い抜く」、サッカー部の3年岩村光晟主将(18)は「これまでの最高成績のベスト16を超えたい」と意気込みを語っていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]