11チーム、本番向け練習に熱 県縦断駅伝競走大会

2022/4/4 08:38
県縦断駅伝競走大会の本番に向け、各チームとも練習に熱が入ってきた=鶴岡市小真木原陸上競技場

 春の山形路を舞台に県内11チームの精鋭がたすきをつなぐ、第66回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)に向け、各チームの練習が熱を帯びている。

 4月に入って雪も消え、陸上シーズンはいよいよ本番。好天に恵まれた3日はそれぞれ合同練習に臨み、本番に向けて士気を高めていた。

 レースは27日から3日間の日程で繰り広げられる。遊佐町の月光橋をスタートして29区間でたすきをつなぎ、山形市の山形メディアタワー前のゴールを目指す。

県縦断駅伝

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]