古里の自然、目と耳で堪能 高畠「ゲンジ蛍とカジカ蛙鑑賞会」

2022/7/3 09:29
幻想的な光を放つゲンジボタル=高畠町二井宿(長時間露光)

 「ゲンジ蛍(ぼたる)とカジカ蛙(がえる)鑑賞会」が2日、高畠町二井宿地区で開かれた。町内外から訪れた参加者約50人が、ホタルの幻想的な光やカエルの鳴き声を楽しんだ。

 地域の自然の美しさを再確認し次世代に継承しようと、同地区の住民らでつくる「ゲンジ蛍とカジカ蛙愛護会」が企画している。新型コロナウイルス感染症の影響により3年ぶりの開催となった。

 参加者が二井宿地区公民館に集合。同会が作成したDVDや会員の説明でホタルの生態などについて学んだ後、近くの大滝川に移動。カジカガエルの鳥のような美しい鳴き声が響き渡る中、多くのゲンジボタルが姿を見せ、柔らかな光を放っていた。参加者は「きれい」「あっちにたくさんいるよ」などと話していた。鑑賞会は3日も開かれる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]