花笠奉納し、終了を報告 山形・蔵王大権現例大祭

2022/8/9 11:46
山形花笠まつりが無事終了したことを報告し、花笠を奉納した=山形市・蔵王大権現堂

 蔵王大権現蔵王温泉例大祭が8日、山形市の蔵王スカイケーブル中央高原駅前の蔵王大権現堂で行われ、山形花笠まつりの終了を報告した。

 蔵王大権現蔵王温泉奉賛会(宮林伸一会長)が開催し、同会やまつり関係者など約30人が出席した。神事に続き、2021年度ミス花笠の大内希美さん(21)が花笠を奉納した。

 蔵王大権現は農耕をはじめ諸産業の水の神として慕われている。宮林会長は「山形花笠まつりが無事に終わった。新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中だが、今月は『山の日』全国大会やサマースキージャンプなどもある。成功することを願っている」とあいさつした。

3日間で観衆56万人

 県花笠協議会によると、今年の山形花笠まつりの観客数は3日間で計約56万人だった。新型コロナウイルス感染拡大前の2015年以降は90万人台で推移しており、19年は約98万人。今年はまつりの規模を縮小したこともあって、観客数がコロナ前よりも減少したとみている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]