東根市長選、現新の一騎打ちか 告示まで1週間

2022/8/14 09:52
東根市役所(資料写真)

 任期満了に伴う東根市長選は8月21日の告示(28日投開票)まで1週間に迫った。立候補を表明しているのは現職で7選を目指す土田正剛氏(78)=大林1丁目=と、新人で前市議会副議長の白井健道氏(59)=島大堀=の2人。ほかに出馬の動きはなく、一騎打ちによる32年ぶりの選挙戦となる公算が大きくなっている。

 土田氏は5月30日に出馬表明し、自民党市支部と公明党東根支部が推薦、国民民主党県連が支持する。国道48号のバイパス化▽北村山公立病院の建て替え▽神町小旧校舎の跡地利活用―といった政策を掲げ、各企業・団体からの推薦も得て態勢を整えている。

 白井氏は7月12日に立候補を表明した。政党や企業の推薦は求めず、あいさつ回りを重ねて草の根で支持拡大を図っている。若者や女性の声を取り入れた政策ワークショップの開催など市民参加型政治の実現、小中学校の給食費無償化といった公約を掲げる。

 同日程で行われる市議補選(欠員1)には新人で衆院議員秘書の福永邦幸氏(51)=温泉町1丁目=が出馬の意向を示している。

 6月1日現在の有権者数は3万9678人(男1万9545人、女2万133人)。

立候補予定者(敬称略)

土田 正剛 78 市長 無現

白井 健道 59 無職 無新

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]