直近死者3人、基礎疾患あり 県が14日発表・新型コロナ

2022/8/15 08:47
山形県庁(資料写真)

 県は14日、県内で新型コロナウイルスに感染し亡くなった計117人のうち、直近の死亡者5人に関して、遺族から公表の同意が得られた3人はいずれも基礎疾患があったと発表した。残る2人は同意が得られなかったとして年代や性別、基礎疾患の有無ともに非公表または不明とした。

 県によると、公表の同意が得られた3人は男性2人、女性1人。年代は▽60代1人▽80代1人▽90歳以上1人。県コロナ収束総合企画課は「60代以上で持病が悪化して亡くなるケースが目立つ」としている。

 県内の累計死者数は14日公表分で新たに3人増えて117人。年代別は最多が80代44人で、90歳以上36人、70代19人、60代13人、50代2人、40代1人と続く。同意なしが2人。

 県は死者が5人程度増えた段階で年代、性別、基礎疾患の有無を公表している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]