サマージャンプで高梨選手が山形市役所を訪問

2022/8/17 18:58
大会に向けて抱負を語る高梨沙羅選手=山形市役所

 サマースキージャンプ山形蔵王大会に出場する高梨沙羅選手(クラレ)が17日、山形市役所を訪問し、佐藤孝弘市長と懇談、「私にとって蔵王はワールドカップ(W杯)で初めて好成績を残した特別な場所。いいパフォーマンスをみせたい」と意気込みを語った。

 高梨選手は11日から上山市の蔵王坊平高原でトレーニングに励み、コンディションを整えている。「素晴らしい環境、温かい雰囲気の中で練習ができている」と感謝。「蔵王のジャンプ台は近代的で新しいタイプ。設備も整っている」と印象を語りながら、大会に向けては「まだジャンプを模索中の段階だが、徐々にいい感覚をつかむことができている」と強調した。

 佐藤市長は花笠の記念品を贈り、「本県と高梨選手は多くのつながりがあり、市民は自分の娘、孫のように応援していると思う。大活躍を期待している」と激励した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]