県内、夕方にかけ雷雨 山形地方気象台

2022/8/18 08:17
山形地方気象台(資料写真)

 山形地方気象台は17日、大雨と雷および突風に関する県気象情報を発表した。18日の県内は、17日に日本海の前線上に発生した低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空に寒気も流入することで大気の状態が非常に不安定になる。

 このため、18日未明から夕方にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。同日に予想される1時間降水量は多い所で40ミリ、同日午後6時までに予想される24時間降水量は多い所で120ミリ。

 庄内では18日昼過ぎから夜の初めごろにかけて西よりの強風が吹く見込み。予想される最大瞬間風速は海上で30メートル、陸上で25メートル。

 同気象台は大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうに注意を呼びかけている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]