トレーニング、地元で気軽に 専門学校生の荒木さん、12月に施設開業

2022/9/25 11:46
トレーニング施設の開業を目指す荒木優希さん。雲梯での自重トレーニングを披露してくれた=河北町谷地

 仙台市の専門学校に通う荒木優希さん(19)=河北町谷地=が、地元でトレーニング施設の開業に向けて準備を進めている。体幹を鍛える機器などを自由に使い、利用者自身の競技に合ったトレーニングができる施設を想定。カヌーと陸上競技の両立を目指した自らの経験を踏まえ、「開業を機に、複数のスポーツを体験する機運を高めたい」と意気込む。

 仙台リゾート&スポーツ専門学校2年の荒木さんは現在、スポーツビジネス科で起業を目指して勉強している。谷地高在学時にはカヌー部に所属し、全国制覇を経験。好きだった長距離走も続けていたが、周囲から「両方ともつぶれるぞ」などと言われ、認めてもらえない現状に歯がゆさを感じていた。「やりたい時にやりたいスポーツができる環境をつくりたい」と、施設の開業を決意した。

 施設には登り棒や雲梯(うんてい)などを設置し、5、6種類のトレーニングができる。体幹などを鍛えることで「体を支える力が身に付く。スポーツだけでなく、生活の中でも役立つ」と荒木さんは強調する。

 今月末まで、クラウドファンディング(CF)専用サイト「レディーフォー」で開業資金を募っている。目標額は200万円。24日午後1時現在、90人から188万円が集まった。荒木さんは「複数のスポーツをこなすことで、燃え尽き症候群を防ぐこともできる。さまざまな種目を楽しむきっかけづくりにつなげたい」と話している。

 開業は12月1日の予定で、基本料金は月額4千円前後。問い合わせは荒木さん080(1821)7654。

【関連リンク】

クラウドファンディング専用サイト

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]