この走りこの喉越し~グル麺ライド 全国から240人、高畠や南陽など周遊

2022/9/26 10:11
黄金色の田園を気持ちよさそうに駆け抜けるサイクリストたち=南陽市俎柳

 高畠町と南陽市、宮城県の白石市と七ケ宿町を自転車で周遊しながら、ご当地の麺に舌鼓を打つ「グル麺ライド」が25日、高畠町文化ホールまほら前を発着点に開かれた。全国各地から集まった約240人のサイクリストが、黄金色の田園など秋めいた景色の中を自転車で駆け抜けた。

 新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催となった。温かな陽光が差す中、参加者は山道の起伏などを楽しみながら約110キロのコースの完走を目指した。休憩所では、ラーメンやひっぱりうどんなどが提供され、仲間と談笑しながら箸を進めていた。同僚と3人で参加した河北町谷地中央3丁目、会社員後藤大輔さん(49)は「風光明媚(めいび)な景色の中を走るのは爽快で、休憩所の食べ物も疲れた体に染みた」と満足そうに話していた。

 サイクリングを通じて地域の魅力を知ってもらおうと、国道113号沿いの2市2町が企画し4回目。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]