美しい四季、最上にあり 前森高原、永野芽郁さん出演CM撮影地に

2022/9/26 12:21
前森高原の奥まった場所に移植され、現在もそのまま残る桜の木。1年がかりでCM撮影が行われた=最上町

 最上町の前森高原を撮影地にしたシャンプーのCMが現在、放映されている。人気女優の永野芽郁さんが出演し、満開の桜が印象的な映像。春だけでなく、1年を通してカメラを回し「日本の美しい四季」を最上の地から発信している。同町は撮影スポットをそのまま残し、誘客につなげることも視野に入れる。

 クラシエホームプロダクツ(東京)のヘアケア商品「いち髪」のCMで、春の別れから1年後の再会までを物語仕立てで描いた。カメラのアングルを少しずつ変えて撮影。1秒間に24枚の写真をつなぎ合わせ、時間の経過とともに変化する光や影の動きを映像化し、移ろう四季を表現した。

 計800時間、85日に及んだ撮影は2021年10月に始まり、今年の7月まで計7回に分けて行われた。1回につき最大120人ほどのスタッフが足を運んだ。撮影場所は、前森高原のバギーコース奥の人目につかない草原。周辺の桜の木1本を移植し、バス停のセットも組まれた。

「いち髪」のCMの一場面。永野芽郁さんが出演し、前森高原で撮影された

 CMは60秒、30秒、15秒の3パターンあり、専用ホームページで常時閲覧できる。春の雪に見舞われ、苦労するスタッフらを写したメーキングや、山形の桜を目にした感想を語る永野さんの様子も視聴できる。

 CM制作会社アオイプロ(同)の担当者は「全国各地の候補地の中で最も桜と四季の変化を美しく描けるロケーションとして前森高原を選んだ」と説明。長期間にわたり、同じ場所で撮影するテレビCMは珍しいと言い「その分、見応えのある映像に仕上がったと思う」と自信を示した。

 広大な前森高原は公設民営施設。町商工観光課は「撮影地に選んでもらい、うれしい限りだ。CMの風景を残し、アピールの仕方を検討したい」と話している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]