ぎっしり美味「馬のかみしめ」 長井・枝豆が収穫期

2022/9/28 09:22
収穫時期を迎えた「馬のかみしめ」の枝豆=長井市時庭

 置賜地方に伝わる在来種「馬のかみしめ」の枝豆が収穫期を迎えた。長井市内の生産者は「大雨の影響を心配したが、その後は好天に恵まれ昨年より早く収穫できた」と笑顔。ふっくらとしたさやがたわわに実り手際良く収穫していた。

 大豆になると表面に馬の歯形のような模様が出ることが名前の由来とされる。枝豆は濃厚な味わいと豊かな香りが特長。市内の菓子店を中心にスイーツやジェラートにも使われている。

 同市時庭の遠藤孝志さん(43)ら生産者グループの4戸が計約260アールで栽培する。このうち約10アール分を枝豆として収穫し、今年は収量計600キロを見込む。

 遠藤さんは「実の付き方にばらつきがあるなど在来種特有の難しさもあるが、それを上回るほどのおいしさ、味の良さを知ってほしい」と述べた。収穫は来月中旬までの見通し。主に市内の道の駅や直売所で販売している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]