土俵入り、堂々と 三川・横山小

2022/9/29 10:00
化粧まわしを締めた児童が横綱土俵入りを披露した=三川町横山小

 三川町横山小(渋谷譲校長、162人)で28日、児童が恒例の相撲土俵入りと獅子舞を全校児童と保護者に披露した。

 5、6年生計11人が東西に分かれ、行事や太刀持ちなどを担当した。化粧まわしを締めた横綱の児童が四股を踏むと、在校生や保護者は「よいしょ」と掛け声を上げた。東の横綱を務めた6年丸山柊(しゅう)君(11)は「とても緊張した。練習の成果が出て良かった」と笑顔だった。

 同校の伝承クラブの5、6年生計8人は太鼓に合わせて、躍動感あふれる獅子舞をした。

 地域や学校の伝統文化を体験する目的で、毎年実施している。新型コロナウイルス感染症の影響で、例年行われている相撲大会は中止になった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]