修学旅行、湯野浜でサーフィン 河北・谷地南部小

2022/9/29 20:41
サーフィンを体験した谷地南部小の児童=鶴岡市湯野浜

 河北町谷地南部小(小山田聡校長)の6年生が29日、修学旅行で鶴岡市の湯野浜海岸を訪れ、サーフィンを体験した。この日は波が比較的穏やかだったが、子どもたちの初挑戦には適したコンディション。最後は板の上に立つ児童もおり、庄内浜で仲間たちと思い出を作った。

 湯野浜は日本海側での波乗り発祥の地とされ、酒田市の浜中海岸とともに、庄内浜のサーフィンスポット。湯野浜と浜中の愛好者やサーフショップのスタッフが先生役となり、児童26人が波乗りに挑戦した。ボードに腹ばいになり、波とともに押し出され、気持ちよさそうに水面を進んだ。慣れてくると、板の上に立つ児童もいた。

 同校は新型コロナウイルス禍で昨年、修学旅行先を県外から庄内地域に変更。紅花や舟運など最上川と海の歴史も学んでいることから、今年も29~30日の1泊2日の日程で同地域を巡った。小山田校長(56)は20代のころからサーフィンに親しんでいたこともあり、体験の機会を設けた。子どもたちは「潮風と波が気持ちよかった。またやってみたい」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]