伝統の演舞、優雅に力強く 鶴岡、山戸能・山五十川歌舞伎公演

2022/11/24 10:01
奉納上演された能「賀茂」の一場面=鶴岡市・山五十川公民館

 鶴岡市温海地域の山五十川地区に伝わる県指定無形民俗文化財「山戸能」「山五十川歌舞伎」の公演が23日、同市の山五十川公民館で行われ、地元保存会が伝統の演舞を繰り広げた。

 山戸能は子どもたちによる「恋慕の舞」などに続き、「賀茂」を披露した。京都・賀茂神社の神話にちなんだ演目で、優雅な舞と、力強い動きで神々を演じ、観客を魅了した。

 山五十川歌舞伎は日本三大仇(かたき)討ちの一つ・曽我兄弟の仇討ちを題材にした蝶千鳥曽我実伝(ちょうちどりそがのじつでん)「由比ケ浜の場」を披露した。

 同地区の河内神社祭典に合わせて春と秋に奉納上演している。地元農産物や加工品などを扱う「ふるさとまつり」も開催し、約200人が訪れた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]