荒井さんデザインのキッズTシャツ、返礼品に ふるさと納税で鶴岡市と「スパイバー」

2022/11/30 09:25
「とりとさかな」の紺色(スパイバー提供)

 鶴岡市と、同市の慶応大先端生命科学研究所発ベンチャー「スパイバー」は29日、市のふるさと納税の返礼品に同社のオリジナルキッズTシャツが加わったと発表した。絵本作家荒井良二さん(山形市出身)がデザインし、スパイバーが開発した構造タンパク質素材を一部活用。同日から千着限定で申し込み受け付けを始めた。

 構造タンパク質素材「ブリュード・プロテイン」(BP)は植物由来の糖類を主原料に、微生物による発酵過程で製造しており、Tシャツの素材として10%使用、残り90%の素材はトルコ産オーガニックコットンを使った。デザインは3種類で、独特のタッチで描かれた子どもや馬、鳥、魚を配している。紺と白の2色で、サイズは90センチ、110センチ、130センチ。

「たびのうま」の白色(スパイバー提供)

 先着順に5万円以上の寄付で1枚を提供する。寄付者にサイズやデザインなどを選んでもらった上で、来春に発送する予定。同市では寄付者が教育や子育て関連など使途を選べるようになっており、同社は「地元企業として子育てのまち・鶴岡市を応援したい」としている。

「ゆめのこども」の紺色(スパイバー提供)

 市によると、2022年度のふるさと納税は28日現在、前年同期比約7800万円増の約8億8875万円となっている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]