政府、デジタル先導自治体を公募 6月に基本方針策定へ

2/22 18:45
 デジタル行財政改革会議であいさつする岸田首相=22日午後、首相官邸

 政府は22日のデジタル行財政改革会議で、子育てや教育といった分野でのデジタル活用に向け、モデル自治体を公募し「先導的プロジェクト」を指定すると決めた。近く選定する。プロジェクトを含め、行政のデジタル化に関する基本方針を6月にも策定する。

 指定対象は、子どもを保育園に入れる「保活」手続きのオンライン化などを想定。要介護認定に関する自治体業務のデジタル化、デジタル教材や学習データの活用も図る。自治体が詳細な内容を提案し、国が費用を補助する。数年後には各地で導入が進むよう取り組む。

 デジタル人材の確保を国がどう支援するかや、費用負担の方向性も定める。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 デジタル行財政改革会議であいさつする岸田首相=22日午後、首相官邸
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]