民間平均給与、3年ぶり増加 443万円、業績持ち直し

9/28 18:34
 マスク姿で通勤する人たち=JR東京駅前

 民間企業の会社員やパート従業員らが2021年の1年間に得た給与の平均は、前年に比べ10万2千円増の443万3千円で、3年ぶりに増加したことが28日、国税庁の調査で分かった。伸び率は2・4%だった。新型コロナウイルスの影響で大きく落ち込んだ業績が、多少持ち直したためとみられる。

 男性の平均は2・5%増の545万3千円、女性は3・2%増の302万円。女性は初めて300万円台となった。正社員の平均給与は508万4千円、正社員以外は197万6千円だった。正社員以外は前年から20万円近く増え、正社員との差が縮小した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 マスク姿で通勤する人たち=JR東京駅前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]